認定試験について

試験日時

年1~2回実施予定です。
試験時間は100分です。

受験申込受付期間

JcotのHPにおいて試験日の約3ヶ月前に受験申込受付を開始します。
申込はWebで行って頂きます。

開催地及び会場

詳細につきましては受験申込受付開始時点の案内をご覧下さい。

受験資格者/お申込み

「PVマスター保守点検技術者」認定試験を受験頂ける方は、以下のいずれかに該当される方となります。

PV施工技術者、PVマスター施工技術者、電気工事士、電気主任技術者

  • ※各社施工IDは対象となりません。
  • ※試験当日、受験資格を満たしていることを証する書類(認定証のコピー等)を受付にてご提出ください。
    受験資格を満たしていないことが後日発覚した場合、失格となります。

受験料

12,000円(税抜)

受験料振込先

お支払いは、銀行振込のみとなります。
銀行振込は、受験申込み画面での入力が完了した時点で自動送信される受付完了メールに記載されている必要情報 (申込受付番号、振込先名、振込口座番号等)や振込方法の指示に従って手続きを行って下さい。

  • ※振込先口座番号は、お申込みされた方ひとりずつ異なった番号となっておりますので、 振込時に間違えない様ご留意下さい。
  • ※二人分以上の受験料は、ひとつの口座番号に振り込まないで下さい。
    複数人数分の一括での振込に関しては、こちらにてご確認ください。
  • ※受付完了メールは申込み時に入力されたE-mailアドレス宛てに「jcot@jpea.gr.jp」より送信されます。
    メールを受信できる様に、「jcot@jpea.gr.jp」のドメインを受信許可状態にして下さい。
  • ※一旦振込まれた受験料は、理由の如何を問わず、返金致しません。

試験方法

マークシートによる5肢択一形式 50問

試験範囲

  • 「太陽光発電システム保守点検ガイドライン」(JPEA、JAMA制定/JPEAのHPからダウンロード可能)
  • 「太陽光発電システムの設計と施工(改訂5版)」(オーム社)
  • 「太陽光発電システム「住宅・地上設置及び保守点検」解説書」(JPEA発行)※平成29年11月21日発売予定

受験時の注意事項

  • ■試験当日に持参頂くもの
    • ・後日郵送される受験票(所定の2カ所に証明写真貼付のもの)
    • 認定証用証明写真は認定証に使用します。
    • ※写真はサイズ縦30mm×24mm、正面脱帽、無背景
    • 上記の規定を満たさないもの、及び写真のコピーや画像を普通紙・コピー紙に印刷したものは認められません。
    • ・鉛筆・シャープペンシル(HB)、消しゴム(プラスチック消しゴム)
    • ・電卓(プログラム機能※の無いもの ※計算手順を予め組み込み、繰り返し利用出来るもの)
  • ■試験当日には、証明写真を貼り付けた "受験票"を必ず持参し、受付に提示してください。この"受験票"がないと受験できません。
  • ■試験当日、受験資格を満たしていることを証する書類(認定証のコピー等)を受付にてご提出ください。
  • ■公共交通機関をご利用ください。また、大きな荷物は会場に持ち込むことはできません。
  • ■試験時間中は、受験票、筆記具、電卓、腕時計、ハンカチ、ティッシュ以外は机の上に置くことはできません。受験票は机上の
     見やすい所に置いてください。
  • ■試験時間は100分であり、開始後60分経過後から退室はできます。一旦退室すると再入室はできません。
  • ■遅刻者の入室は、試験開始30分後までに受付をした者に限り認めます。
     但し試験終了時間の延長はありません。
  • ■試験時間中は携帯電話の電源は切ってください。携帯電話、スマートフォンを時計や電卓として使用することも出来ません。
  • ■他の受験者の迷惑となる行為、またはその恐れがある行為に対しては、中止を求める場合があります。
  • ■問題用紙は持ち帰らないで下さい。書き込みは自由です。
  • ■問題の内容や採点についての質問には、一切お答えできません。
  • ■試験時間中の不正行為及び不正な手段による受験があった場合、失格又は合格を取り消し、今後の受験をお断りする等の対応を
     とらせて頂きます。
  • ■試験室内での飲食・喫煙は出来ません。喫煙は所定の場所で行ってください。
  • ■ゴミは各自持ち帰ってください。
  • ■試験室内の空調には限界があります。体温調整のできる服装でお越しください。
  • ■貴重品は必ず身に付けておいてください。試験会場における盗難・紛失について、一切の責任を負いません。
  • ■試験会場では係員の指示に従ってください。指示に従わない場合、退室させ受験が無効になることがあります。
  • ■試験後、受験資格を満たしていないことが発覚した場合、失格といたします。受験料の返金は行いません。

ページのトップへ